副業・Cashless・QRコード決済のまとめサイト

Sidebiz-Labo

【d払い】利用できる限度額の確認方法、上限の変更方法

投稿日:2019年8月23日 更新日:

QRコード決済の「d払い」は使い勝手がいいので、最近はものすごくよく利用しています。しかし、そうなってくると気になるのは利用できる限度額です。

「そもそも自分の限度額はいくらなの?」
「上限の変更はできるの?」

など、d払いを使う上で大切な「利用限度額」について紹介していきます。

スポンサーリンク

限度額の確認方法

利用できる限度額は、あなたの支払い方法によって違います。それを簡単な表にまとめたのがこちらです。

支払い方法上限金額
電話料金合算1万円〜10万円/月
※ドコモユーザー歴による
1〜3ヶ月:1万円
4〜24ヶ月:〜3万円
25ヶ月以上:〜10万円
クレジットカードクレジットカードの利用枠
dポイント利用可能なdポイント(QRコード決済の場合は99,999円が上限)
ドコモ口座ネット決済:150万円
QRコード決済:49,999円

支払い方法によって上限は異なり、
電話料金合算:最大で10万円/月
クレジットカード:クレジットカードの利用枠
dポイント:利用可能なポイント

です。最も上限金額が大きいのはクレジットカードです。

電話料金合算の場合の確認方法

電話料金合算の場合の利用できる限度額の確認方法は、d払いアプリの中の「お支払い」-「お支払い情報・dポイント残高を表示」を選択することで見られます。

未成年の限度額は1万円

未成年は別に限度額が決まっていて1万円/月です。

限度額以上に利用したらどうなる?

そもそも利用できません。エラーになるだけです。

限度額がリセットされるのは毎月1日

「限度額がいっぱいいっぱいで支払えない!」というようなことになっても、翌月の1日にはリセットされます。「どうしても今月中に支払いたい」という場合には、クレジットカードに変更しましょう。

 

上限の変更方法

利用できる上限の変更方法は、支払い方法によって異なります。ただし、10万円以上にしたい場合にはクレジットカードでの支払いを選択する必要があります。

電話料金合算払いの場合

電話料金合算払いの場合には、1,000円刻みで上限を変更することができます。

1.d払いアプリの左上の「三」マークを選択


2.「ご利用履歴/限度額設定変更」を選択


パスワード認証をして、ドコモのwebサイトに移動します。
3.「継続課金・履歴一覧」の「継続課金一覧」を選択

クレジットカードの場合

クレジットカード支払いの場合には、「d払いの上限=クレジットカードの利用枠」です。

クレジットカードの利用枠は、クレジットカード会社に変更依頼する必要があります。

そもそもクレジットカード払いの場合には、dポイントとクレジットカードのポイントの2重取りが可能なので、効率よく支払うならクレジットカードです。

限度額が勝手に下がることもある

この限度額ですが、ドコモが定める条件を満たさない場合には、減額されることもあります。

店によって限度額が決められていることがある

注意しておきたいのは、「d払いの上限内であっても、店によって支払い上限が決められていることがある」ということです。

例でいうと、
ソニーストア:10万円
ノジマオンライン:100万円
ラクマ:499,899円

まとめ

d払いで利用できる上限は「支払い方法」と「店」によって違います。

もっとも使い勝手がいいのは、二重取りができるクレジットカードですが、使いすぎてしまう人は電話料金合算の方が良いでしょう。

-d払い

Copyright© Sidebiz-Labo , 2019 All Rights Reserved.