【Line Pay】電気・ガス・水道料金などの公共料金を支払うことはできるの?

キャッシュレス決済のLINE Payでは、電気・ガス・水道などの公共料金の支払いもすることができます。

スポンサーリンク

LinePayは公共料金の支払いに対応している

PayPayや楽天ペイは公共料金の支払に対応していませんが、LinePayは一部にはなりますが公共料金の支払いに対応しています。

これからどんどん増えていくということですので、今は対応していない地域の人でもこれからのサービスが拡大に注目です。

LinePayは電力系が特に充実しています。東北電力、関西電力、中国電力、九州電力の支払いで使うことができます。東京都では水道代が払えます。

 会社
電気・東北電力
・東京電力エナジーパートナー
・関西電力
・中国電力
・九州電力
ガス・北海道ガス
・東京ガス
・北陸ガス
・四国ガス
・宮崎ガス
水道・東京都水道局
・神奈川県営水道
・阿久根市水道課
・岐阜県恵那市上下水道課
・大阪市水道局
・京都市上下水道局
・島田市水道課
・熊本市上下水道局

使い方

手元にLinePayの支払いに対応している会社の請求書を用意しましょう。

1.LINEアプリのなかから「ウォレット」を選択
2.「請求書支払い」を選択

3.「次へ」を押すと、バーコード読み取り画面になる

4.手元にある電気・ガス・水道などの請求書にあるバーコードを読み取る


5.内容を確認して支払いを行う
6.LinePayのパスワードを入力する

スポンサーリンク

手数料は原則無料

LinePayを使って公共料金を払う場合には、原則手数料がありませんが、「手数料はお客様負担」と書かれている場合には手数料が発生します。

・支払い金額10,000円未満
手数料:66円(税込)
・支払い金額10,000円以上
手数料:110円(税込)

 

LinePayで支払った人たちの声

スポンサーリンク

-LINE Pay
-

Copyright© Sidebiz-Labo , 2020 All Rights Reserved.