副業・Cashless・QRコード決済のまとめサイト

Sidebiz-Labo

LINE Payカードの作り方、メリット・デメリット、解約の仕方まとめ

投稿日:2019年8月13日 更新日:

LINE Pay はスマホの決済サービスですが、「LINE Payカード」をあなたはご存知ですか?

一言で言えば「JCBブランドのプリペイド(前払い)カードです。

この記事では「LINE Payカードを作る意味(メリット)」や「デメリットなど気をつけておかなければいけないこと」「解約の仕方」などを紹介していきます

この記事を読んだほうがいい人・LINE Payをもっといろんな場所で使いたい
・クレジットカードを作らずにネットショッピングがしたい
・クレジットカードで悪用されるのが怖い
・LINE Payカードの作り方がわからない
・LINE Payカードを解約したい
スポンサーリンク

 LINE Payカードって何?

LINE Payカードは「JCBブランドのプリペイドカードです。

JCBブランドなので、提携している国内外の3,300万ヶ所以上のお店で使うことができます。QRコード決済よりもずっとたくさんのお店で使うことができますね。

プリペイド方式なので、事前にチャージした金額までしか使えないので、
「使いすぎてしまうのが怖い」
「不正利用に利用されたくない」
という人にはとても安心できるカードになります。

クレジットカードではない

「クレジットカード」というのは「後払いをするもの」を指します。LINE Payカードはプリペイド方式なので、クレジットカードではありません。

クレジットカードではなくプリペイドカードなので、年齢制限もありませんし、与信審査(ちゃんとこの人はお金を払ってくれる人だろうかと審査されること)もありません。

その代わり、使う前にはチャージをしておく必要があります。

LINE Payカードの利用上限(限度額)

プリペイドカードなので、事前にチャージした金額以上を使うことはできませんし、エラーがでます。

一方、それ以外にも利用の上限金額が決められています。これは、LINE Payアカウントの種類によって違います。

アカウントの種類LINE MoneyLINE Cash
1回の上限金額100万円10万円
1ヶ月の上限金額なし10万円

自分のLINE Payアカウントの種類は、以下の方法で確かめることができます。

1.LINEアプリ内のLINE Payの「設定」を選択
2.「アカウントタイプ」の項目を確認

LINE PREPAID CARD(プリペイドカード)とは違う

ちなみに、コンビニにいくと「LINE PREPAID CARD(プリペイドカード)」を売っているのを見たことがあるかもしれません。同じくプリペイド方式のカードですが、LINE Payカードは別物です。

「LINE Payカード」はJCBカードなので、一般のお店でも使うことができます。一方のLINE PREPAID CARD(プリペイドカード)は基本的にはLINE関連のサービスを利用するためのものです。

 LINE PREPAID CARD LINE Payカード
種類プリペイドカードプリペイドカード(JCB)
使える場所LINE STOREのみ全国のJCB加盟店
チャージ方式前払い前払い
繰り返しチャージ不可可能

LINE PayカードでQRコード決済はできない

LINE PayカードはLINE Payという名前がついていますが、QRコード決済はできません。

とてもまぎらわしいのですが、LINE PayとLINE Payカードは違います

LINE Pay:LINE が行っている決済サービスの総称
LINE Pay カード:JCB加盟店で使えるカード

 LINE PayLINE Payカード
概要決済サービス総称プリペイドカード
QRコード支払い
QRコード支払いに対応していないJCB加盟店
スポンサーリンク

LINE Payカードのメリット

LINE Payカードは特徴として

・コンビニやスーパーなどJCB加盟店3,300万店舗で使える
・利用額の0.5~2%がLINEボーナスとして貯まる
・利用履歴をすぐにLineに通知してくれる
・審査無し、手数料無料

ということが挙げられます。

マイカラープログラムでボーナスが付与

LINE Payにはマイカラープログラムというものがあり、LINE関連サービスの利用具合により4段階に別れています。各段階で還元率が違いますが、一番高いのは「グリーン」でなんと2%がLINEボーナスとして還元されます。なんとも美味しい!

マイカラー毎月の決済金額還元ボーナス
グリーン10万円以上2.0%
ブルー5〜10万円未満1.0%
レッド1〜5万円未満0.8%
ホワイト0〜1万円未満0.5%

LINE ボーナスが何に使えるのか? LINEポイントやLINE残高と交換ができるのか? についてまとめた記事はこちら

利用履歴をすぐに通知してくれる

LINE Payカードで嬉しいのは、利用履歴をすぐにあなたのLineに通知してくれるということです。

多めに支払ってしまったり、他の人に不正利用されたとしてもすぐに気づくことができ対応することができます。 プリペイド(前払い)方式なので、利用限度額が決まっているとはいえ、他の人に使われるのは嫌ですもんね。

購入したものの引き落としは基本的にすぐに反映されますが、amazonなどで購入する場合には出荷した時に反映されるなどタイムラグがある場合があります。

審査不要・発行手数料無し・年会費0

LINE PayカードはJCBブランドのカードになりますが、クレジットカードのように審査が必要ありません。すぐに発行してくれますし、手数料も必要ありません。また年会費もありません。

また、クレジットカードは18歳以上でしか作ることができませんが、LINE Payカードはそれもなく17歳以下でも作ることができるので、学生にとっても意味のあるカードだと言えます。

スポンサーリンク

LINE Payカードのデメリット

一方で、デメリットは何かというと、「不正利用された等の場合には30日以内に申告する必要がある」「補償額は10万円まで」ということです。

とはいってもプリペイド方式なので、10万円以上チャージすることはないでしょうから、実質的にはこれといったデメリットではないかもしれません。

本人確認していないアカウントは利用制限がある

LINE Payのアカウントが本人確認をしていない「LINE Pay Cash」の場合、EUに関連する決済ができないので注意が必要です。利用するためには、本人確認をしてLINE Payのアカウントを「LINE Pay Money」にしましょう。

海外利用する場合は手数料4%

LINE Payカードを海外で利用する場合、手数料が4%かかります。ですので、私は海外で利用するなら普通にクレジットカードを使います。

スポンサーリンク

LINE Payカードの作り方(申し込み方)

LINE Payカードには「バーチャルカード」と「プラスチックカード」の2種類があります。

バーチャルカードは、インターネット上のショッピング専用です。実店舗では使えませんので注意が必要です。

実店舗でも使いたいのであれば、プラスチックカードを選びましょう。

まず、LINEのアプリの中に、右下に「ウォレット」がありますのでそこを選択。すると、残高の下に「バーチャルカードをすぐに発行!」と書かれたところがありますので、そこをタップ。

LINE Payカードの申し込み方(バーチャルカード)

まずバーチャルカードの申し込み方ですが、こちらはとても簡単で「バーチャルカードを発行」ボタンを押すだけです。

すぐに発行されます。「16桁のカード番号」「有効期限」「セキュリティコード」が書いてありますので必要に応じてメモしておきましょう。

LINE Payカードの申し込み方(プラスチックカード)

今度は「プラスチックカードを申し込む」ボタンを選択します。

次にカードのデザインを選びます。

続いて、名前、郵便番号、住所を入力していきます。

あとは、カードが届くのを待つだけ。大体1~2週間で手元に届きます。

LINE Payカード(プラスチックカード)が手元に届いたら、必ず暗証番号を設定しておきましょう。

暗証番号はネットショッピングでは必要ありませんが、実店舗や自動精算機を使う際には必要になることがあるからです。

暗証番号の設定の仕方は以下のとおりです。

1.LINEアプリ内のLINE Payの「設定」を選択
2.「LINE Payカード」を選択
3.「カードの暗証番号」を選択

カードの暗証番号を入力する際に、お客様番号の下3桁を入力する必要がありますが、セキュリティコードではないので注意してください。

スポンサーリンク

LINE Payカードの使い方

事前にLINE Pay残高としてチャージする

LINE Payカードはプリペイド(前払い)カードなので、事前にチャージする必要があります。

チャージする方法は
・登録した銀行からチャージ
・セブン銀行のATMからチャージ
・ファミリーマートにある「Famiポート」でチャージ
などがあります。

コンビニでチャージする方法については、下の記事を参考にしてください。

実店舗ではLINE Payカード(プラスチックカード)を見せる

実際に使う方法は簡単で、JCBブランドが使えるお店でLINE Payカード(プラスチックカード)を見せればOKです。暗証番号を求められることがありますので、上の記事でも書いてある方法で事前に暗証番号を決めておきましょう。

注意:LINE Payカード(バーチャルカード)は実店舗では使えません。

ネットショッピングは必要事項を記入

一方、ネットショッピングではプラスチックカードもバーチャルカードも使えます。

使う際には、「番号」「有効期限」「セキュリティコード」「氏名」などを記入すればOKです。

ただ、一つわかりにくいのが「氏名」のところです。バーチャルカードには氏名らしき欄には「LINE MEMBER」と書かれていますが、実際に書くのは自分の名前です。

LINE Payにチャージしたお金は出金できる

LINE Payにチャージした時に気になるのが「チャージしたお金は現金で出金できるのか?」ということです。

結論から言えばLINE Pay残高は現金として引き下ろすことができます。

詳細は下の記事で紹介しています。

amazonやiTunesなどでも使える

日本でも利用者の多いamazonや、iPhoneユーザーにはおなじみのiTunesやApp StoreなどでもLINE Payカードは使えます。登録する方法などは、下の記事にまとめています。

LINE Payカードを盗難・紛失した場合

LINE Payカード(プラスチックカード)が盗難されたり、紛失してしまったら大変です。一刻も早く対応したいですよね。

そんな時はでもすぐにカードを一時停止することができます。

1.LINEアプリの「ウォレット」を選択
2「LINE Pay」の金額の部分を選択
3.「LINE Payカードの番号」の右側にある「>」ボタンを選択
4.「カードを利用」のチェックを選択
5.「カードの一時停止をしてもよろしいですか?」と表示されるので確認を押す。

紛失したものが見つかった場合には、同じ手順ですぐに復活させることができます。

LINE Payカードの解約・再発行の仕方

LINE Payカードは解約するのもとても簡単です。アプリの申請だけで完了します。

いちいちカード会社に電話することもありません。「LINE Pay」の中に「LINE Payカード番号」が書かれた部分があるのでここを選択。

すると、一番下に「カードを解約」というボタンがあるのでこれを選択します。

注意事項をよく読んで、「カードを解約」ボタンを押せばOKです。

解約してもLINE Pay残高は残っている

解約する時に気になるのが、「残っているLINE Pay残高はどうなるのか?」ということでしょうが、これは心配いりません。しっかり残っています。

LINE Payカードを解約したら残高はどうなりますか?

LINE Payカードを解約してもLINE Pay残高は保持されます。なお、再度LINE Payカードを申し込むことでカードの利用を再開することができます。
引用元:LINE公式HP

スポンサーリンク

 

-LINE Pay

Copyright© Sidebiz-Labo , 2019 All Rights Reserved.