【40歳課長が語る】人生充実させたかったら飲み会は1次会で帰れ!

こんにちは。東証一部上場企業で働いている緒方です。40歳で課長をしています。

20年近く働いた私からあなたに言いたいことがあります。それは

人生充実させたかったら飲み会は1次会で帰れ!

ということです。

うん、本当に帰ったほうがいいです。やれ「飲みニケーションだ」「社会人としての常識だ」とかいわれますが、そんなの無視です。無視!

ちなみに私は飲み会はほとんど1次会で帰っていますが、出世コース乗ってます(あんまり興味ないけど!)

20年近く会社で働いていて、どうして1次会で帰れなんていうのかについてこれから話していきます。

スポンサーリンク

飲まなきゃコミュニケーション取れない人は無視すればいい

世の中「飲みニケーション」なんて言われていますが、「飲まなければコミュニケーション取れない人」なんて、仕事ができません。

だってそうでしょ? 普段の仕事はお酒飲まないんですから。

しらふの状態でうまくコミュニケーション取れない人が、どうして仕事がうまく回すことができるのでしょう。

お酒飲んでコミュニケーション取る人はいいですよ。夜の街で働いている人なんかは、飲みニケーション大事だと思います。

だけど、普通はお酒を飲んでいないしらふの状態なので、「飲みニケーション大切にしない人はクズ」みたいに言う人は仕事ができない人です。そんな人とコミュニケーション深くしたってあまり意味がありません。

あなたのコミュニケーションを大事にしないといけない人は「仕事ができる人」です。

1次会で帰ったって昇進には関係ない

1次会で帰った時に不安なのが
「○○さん、付き合い悪いな」
「ノリが悪いな、あいつ」
なんて後ろ指さされるかもしれないことですよね。

わかる! とてもよくわかる! 私も入社した頃はそうでした。

けどね、毎回1次会で帰っていると「○○さんは1次会で帰る人」と周りのみんなが認識します。

後ろ指さされるかもしれないのは、最初の数回だけです。

そもそも「あいつは1次会で帰るから、仕事ができるけど査定を下げよう」なんてことはありません。

もしそんな会社があるんだったら、すぐ辞めたほうがいいです。あなたにとって害でしかありません。

実際、私はほとんど1次会で帰っていますが、査定はトップですし昇格も今のところ最短スピードです。

だからこそ声高にしていいたい

飲み会1次会で帰っても全然平気だからね!

スポンサーリンク

自分の時間、家族との時間を大切に

あなたの人生は「いやいやながら付き合う2次会」と「自分の好きなことができる時間」どちらが大事なんですか?

そんなこと言われなくてもわかってるって?

そう、わかっているんです。自分な好きなことができる時間が大切に決まっています。

たった1度しかない人生に無駄にしている時間なんてないんです。自分をさらに磨くもよし、家族との大切な時間を過ごすのもよしです。

私の場合は早く家に帰ったら、好きな読書をしたり、家族との時間を楽しんでいます。

もうね、本当に幸せ。2次会にいけば2時間くらい取られますから本だったら100ページ位読めちゃいますから。

顧客との飲み会は付き合え

ここまで「1次会でさっさと帰っちゃいなよ!」って言ってきましたが、帰っちゃいけない場合があります。

それが、顧客との飲み会。要するに接待している場合。この場合だけは、1次会で帰っちゃダメ。これ、課長からのお願いです。

顧客との信頼関係は、悪化すると売上に直結するからね!

まとめ

会社内の飲み会なら1次会で帰ったって大丈夫です。昇進とかに関係ないから!

もし飲みニケーション必須の会社なら、絶望的にあなたに向いていないのでとっとと転職活動したほうがいいです。いるだけでストレスになる会社にいても幸せは掴めません。

20代や30代の頃とは違って40代に入ると、時間の大切さが身にしみてきます。残りの人生はやっぱり自分が幸せになる時間のために使わなくちゃって。

もし、あなたが1次会で帰りたいと思っているなら、帰りましょう。そして素敵な時間を過ごしてください。

スポンサーリンク

-40代の悩み

© 2020 Sidebiz-Labo