【7Pay(セブンペイ)】サービス終了するけど残高は返金されるの?という声が広がっている件について

セブンイレブンの決済サービス「7Pay(セブンペイ)」が2019年9月30日をもって終了することが決まりました。

日本のキャッシュレス化に向けて大きく動く中、不正アクセスがあったことが大きな要因だったようです。

一方で、既に7Payの利用者からは「残高は返金されるの?」という不安の声が出てきています。

実際に返金されるのか? 返金されるなら時期はいつなのかを紹介していきます。

スポンサーリンク

残高は返金される

まず、安心してもらいたいのは「残高は返金される」ということです。(参照元:7Pay公式HP

これは本当に良かったです。ここでもし残高は返金されないなんてことになったら日本のキャッシュレス化が一段と遅れていたと思います。

また、2019年8月1日の時点では具体的な方法までは言及されていませんが、いくつか注意点がありますのでそれをお伝えします。

返金されるのは2019年10月1日以降

残高は返金されるようですが、返金されるのはサービス終了後となる2019年10月1日以降です。

残念ながら2019年9月30日23時59分までは返金はされないようです。

「いつになったら返金されるの?」と過度に不安にならないようにしましょう。

(参照元:7Pay公式HP「7payサービスは、9/30(月)をもちまして、すべてのサービスを終了させて頂きます」

スポンサーリンク

返金の申し込みが必要?

具体的な返金方法には続報を待つところですが、公式HPには「払い戻しお申出期間10/1(火)~2020年1/10(金)」との記載があるため、返金するためには申込みをする必要がある可能性があります。

たくさん残高がある人は、特に注意をしておいたほうが良さそうです。

急いでいる人は緊急ダイヤルにかける

「2019年10月1日まで待っていられないよ!」という人は、緊急ダイヤルにかけてくださいとのことです。

残高不足分は現金の併用することで解消できる

2019年9月30日までは、残高の返金がされないようですが、使うことはできるようですので、残高が少ない人は使い切ってしまえばいいでしょう。

また、ここで気になるのは「残高が不足している場合に、使いきることはできるのか?」ということですが、こちらは現金との併用ができるため残高が0になるまで使い切ることができるようです。

例:300円の物を買おうとした場合に、7Pay残高が100円しかなくても残りの200円を現金で支払える

まとめ

7Payの残高は返金されますが、返金されるのはサービスが終了した2019年10月1日以降で、申込みが必要な可能性があります。

残高が少ない人は使い切ってしまったほうがいいかもしれません。また、残高にたくさん残っている人は、申し込みが必要なのかどうかをよく注意しておきましょう。

スポンサーリンク

-cashless

© 2020 Sidebiz-Labo