【PayPay】残高を使い切ることはできるの? 不足分は現金で支払えるの?

QRコード決済のPayPayでは、様々なキャンペーンが行われてたくさんのボーナスを還元してもらっている人も多いと思います。

しかし、PayPay以外にもLINE Payや楽天ペイ、d払いなど数多くのQRコード決済があり、それぞれキャンペーンを行っているためポイント還元があちこちにたまっているのではないでしょうか。

「今あるポイントを使い切って1つのサービスに集中したい」

そう思うのは当然のことだと思います。

そこで今回はキャンペーンなどで獲得したPayPay残高を使い切って0にすることができるのか? そして、不足分は現金やクレジットカードで支払うのか?について検証しましたので報告します!

スポンサーリンク

PayPay残高で不足した分をクレジットカードで支払うことはできない

PayPayの支払い方法には2020年1月時点で以下の3つがあります。

・PayPay残高
・クレジットカード
(以前にあった「Yahoo!マネー」は2019年9月末にPayPay残高に統合されました。)

この2つの支払い方法ですが、残念ながら併用することはできません。

つまり、PayPay残高を使い切って残りをクレジットカードで支払うことができないということです。

具体例を出すと、300円のものを買いたいとします。今、PayPay残高が100円あるときに、100円(PayPay残高)+200円(クレジットカード)という支払い方ができないということです。

PayPayの今の仕様としては、PayPay残高が足りない場合は全額(この場合だと300円)をクレジットカードで払う必要があるということです。

【PayPay残高で支払いたい】
クレジットカードを併用してお支払いいただくことはできません。
参照元:「PayPay公式HP

ちなみにもしクレジットカードの登録がされていなければエラーとなり、そもそも支払いをすることができません。

スポンサーリンク

店舗では不足している分を現金やクレジットカードで支払えるのか?

ここまではPayPayのシステムのお話。それでは、街にある店舗ではどうでしょうか。

残高不足分を現金やクレジットカードで支払えるのか? それはお店次第です。

セブンイレブンなどは「QRコード決済と現金の併用ができない」としていますが、お店の中には融通(忖度?)をきかせて併用できるところもあるようです。

利用する方法としては、不足分を先に現金(もしくはクレジットカード)で前払いしておくことです。

先程の例でいうと「不足分の200円を現金(もしくはクレジットカード)で前もって支払っておいて、残りの100円をPayPay残高で支払う」というやり方です。

300円の決済は(100円しかないPayPay残高では)できないけど、100円の決済はできるという論法のようです。

ネット上で併用できたという声

ネット上で併用できなかったという声

スポンサーリンク

-PayPay
-

Copyright© Sidebiz-Labo , 2020 All Rights Reserved.