モバイルPASMOが使える時期(Android・iPhone)や定期券利用について

2020年1月22日

ついにPASMOがモバイルでも使えるようになる「モバイルPASMO」が始まります!

これまで交通系では「モバイルsuica」だけでしたが、ここにきてようやくPASMOが使えるようになったので感激もひとしおです。

それでは、モバイルPASMOが使えるようになる時期や定期券利用への適用などについてお伝えしていきます。

Androidは2020年3月18日開始

モバイルPASMOが使える時期ですが、Android端末は2020年3月18日から使えるようになります。(Android6.0以上)

iPhoneでモバイルPASMOが使える時期はいつ?

それでは、iPhoneでモバイルPASMOが使えるようになる時期はいつなるのでしょうか?

これは「モバイルsuica」の時の例を見てみましょう。

・Androidでのモバイルsuicaの開始:2011年7月
・iPhoneでのモバイルsuicaの開始:2016年10月

実に、Androidが使えるようになってから5年後になってようやくiPhoneでも使えるようになっています。

とはいっても、2011年に比べると格段にスマホが普及していますので、今回のモバイルPASMOでは5年もかからないと思います。(ただし1年位はかかるかもしれません・・・)

Google Payに対応するかは未定

正直なところ、モバイルsuicaのアプリは使い勝手が悪いです(チャージをするまでの手順が長い)しかし、Google Payにsuicaを登録できるので、チャージがものすごく簡単です。2タップでチャージ可能。

そんなわけで、モバイルPASMOもGoogle Payにぜひ対応してほしいのですが、現時点では対応は未定となっています。

 

モバイルPASMOでできること

さて、つぎに「モバイルPASMO」でできることですが、

・クレジットカードでチャージ可能
・紛失時も再発行がすぐできる
・利用履歴が見られる
・定期券も入れられる
・オートチャージ可能

です。これは便利!

クレジットカードでチャージが可能

モバイルsuicaを利用している人にはおなじみの「クレジットカードでのチャージ」です。私も使っていますが、これはめちゃめちゃ便利です。

チャージ金額が少なくなってきたときにわざわざ券売機やコンビニなどでチャージしなければいけなかったのが、スマホで簡単にチャージできちゃいます。

いちど味わったらもうやめられない、それこそ待ちに待った機能になります!

しかも、クレジットカードでチャージする場合には、クレジットカードのポイントが付く可能性があるので、二重におトクです。

紛失時も再発行がすぐにできる

PASMOのカードを紛失した場合には、駅員室に行って再発行をお願いしないといけませんでした。しかし、モバイルPASMOではオンライン上での再発行が可能になるようです。

紛失したのが夜だったりすると、これまでは翌朝を待たないといけませんでしたが、これからはそんな心配をしなくても良さそうです。

利用履歴が見られる

モバイルになることで得られることのメリットとして「利用履歴が簡単に見られる」ということがあります。

「あれ? 残高減っているけど何に使ったかな?」と思った時にはすぐに利用履歴が見られます。 使いすぎないように注意できますし、万が一不正利用されたとしてもすぐにわかるので、これは地味にとても便利な機能です。

定期券も入れられる

通勤や通学にPASMOを定期にしている人にとっても朗報で、モバイルPASMOでは定期券も機能として付くようなので、カードとスマホの両方をもつ必要がありません。

オートチャージ可能

一部のクレジットカードだけのようですが、オートチャージが可能になるようです。ますます便利!

 

-PASMO

Copyright© Sidebiz-Labo , 2020 All Rights Reserved.