Amazon Japan G.K.ってなんのこと? 信用してもいいの?

Amazonでお買い物をした時に、販売業者が「Amazon Japan G.K.」と書かれていることがあります。

「G.K.って書いてあるけど海外から送られてくるの?」
「余分に手数料を払わないといけないんじゃないの?」

など不安に思っている方がいるようです。Amazon UKといえばUnited Kingdom(イギリスのこと)なので、海外から来ているようにも思えますよね。

「Amazon Japan G.K.」って何?ということについて説明していきます。

スポンサーリンク

アマゾンジャパン合同会社のこと

結論からいえば、Amazon Japan G.K.とはアマゾンジャパン合同会社(Amazon Japan Goudou Kaisya)の略です。

G.K.なんて書いてあるから英語っぽい感じがしますが、日本語なんですね。

アマゾンジャパン合同会社って何をしているところなの?

アマゾンジャパン合同会社って何をしているところなのでしょうか? Amazonはアメリカの会社だということは、知っている人も多いんじゃないかと思います。

Amazonの日本支社(日本法人)が、これまでは「アマゾンジャパン株式会社」と「アマゾンジャパン・ロジスティック株式会社」でしたが、これが2016年に一緒になりました。これが「アマゾンジャパン合同会社」です。

私達が、普段Amazonと呼んでいるのは、このAmazon Japan G.K.(アマゾンジャパン合同会社)のことを指します。

ですので、Amazon Japan G.K.というのは、正真正銘、本物のAmazonから送られてきたものだということです。

Amazonの公式twitterでもコメントをしています

これで心配いりませんね。

スポンサーリンク

Amazonはどこから発送している?

それでは、Amazonで注文したものは、日本のどこから発送しているのでしょうか?

Amazonには「フルフィルメントセンター」と呼ばれるセンターがあります。これが日本に15ヶ所あり、ここから発送されています。

・千葉(市川市、八千代市、印西市)
・埼玉県(川越市、川島町)
・東京(八王子市)
・神奈川(川崎市、小田原市)
・岐阜(多治見市)
・大阪(堺市、大東市、藤井寺市、高槻市、茨木市)
・佐賀(鳥栖市)

この内、ファッション関連は川越、藤井寺の2ヶ所。大型は八千代、印西、川島、大東、高槻、鳥栖の6ヶ所などというように、買ったものによって発送される場所が違います。

参照元:Amazon HP

スポンサーリンク

-amazon

© 2020 Sidebiz-Labo