副業・Cashless・QRコード決済のまとめサイト

Sidebiz-Labo

1970~80年代生まれの男性が持っていそうでメルカリで高く売れるものを調べてみた

投稿日:

メルカリといえば、手軽にものを売買できるとあって人気のサービスです。今や1ヶ月の売買高が100億円にもなるというから凄いですよね。

実際にはじめてみると、部屋はきれいになるし、お金にはなるしでいいことづくめで結構ハマっています。

出品していたものは大体買った価格の5~6割くらいで売れていくものがほとんどだけれど、中には買った時の値段よりも高くなっているものもあります。

そこで、今回は1970~80年台の男性がもっていそうで、メルカリに出品したら高値がつきそうなものを調べてみました。

あなたも持っているかもしれないから、この記事読んだら探してみてよ! あるかもしれませんよ? お宝が!

スポンサーリンク

カードダス

はい。懐かしい! バンダイから1980年代後半から売り出されたアレです。10円玉2枚入れて、横にある丸いネジみたいなやつをひねるとカードが出てくるやつですよ。

「SDガンダム」のカードダスがけっこう学校で流行っていました。今回紹介するのは、その中でもいまなお人気を誇る「ドラゴンボールのカードダス」です。

私も買ってた! というか周りのみんなもドラゴンボール大好きだったから結構な割合で買っていたと思います。

そのドラゴンボールのカードダスが今とんでもない値段がついているって知っていました?

プレミアム品は30万

なんと驚くべきことに、最もプレミアがついているもの(孫悟空と孫悟飯が書かれているLIMITED 3000)は、1枚30万円もします。

これはジャンプの応募であたった人限定なので、持っている人は多くはないかもしれませんが、もし持っているならそれは間違いなくお宝です。

その他にもカードダスにはキラと呼ばれるプリズム調のカードがありましたが、これらも数千円の高値がついています。元値が20円ですから100倍以上の値がついているんですから驚きです。

スポンサーリンク

ビックリマンシール

これも流行りましたね。シールだけとってチョコを捨てることが社会的な問題にもなりました。お金持ちの家の子が「大人買い」して子どもたちの羨望の眼差しを集めていたものです。

そんなビックリマンシールですが、こちらも高値で取引がされています。実際には
・ブラックゼウス(ホログラフ)¥38,000
・ヘラクライスト(緑プリズム)¥28,888
・始祖ジュラ¥17,500
などなど、万単位で取引されているものもかなり多いようです。

特にホログラムのものや、キラ(プリズム)でも色がついているものは希少価値が高いです。

コレクターアイテムだけどそんなに高い値段がつかないもの

その他にもコレクターアイテムはいろいろありますが、どれもが高値で取引されるのかというと、そういうわけでもなさそうです。

キン肉マン消しゴム

キン肉マン消しゴム、通称「キン消し」です。キン肉マンが流行った当時、結構みんな持っていた気がしますが、今ではそれほど高値では取引されていないようです。取引価格は300円から高いものでも1000円程度です。

ミニ四駆

ミニ四駆は1987年に「ダッシュ四駆郎」を皮切りに第一次ブーム、1994年に「爆走兄弟レッツ&ゴー」で第二次ブーム、その後も第三次ブームとどんどん改良されていっているので、改めて今1980年代とかのミニ四駆に価値があるのかというとそこまででもないようです。

スポンサーリンク

 

 

-副業

Copyright© Sidebiz-Labo , 2019 All Rights Reserved.